資料の紹介

 自動運転車やコネクテッドカーなど次世代のクルマの車載通信に、Ethernetを採用する動きが加速している。これまでのクルマとは段違いの膨大なデータを取得し通信するために、高速な車載ネットワークが必要になるからだ。

 さらに、今後はクルマもスマートフォンのようにアプリをダウンロードし、アップデートできるようになるだろう。例えば、カメラやステアリング制御の機能のアップデートなどが考えられる。しかし、この仕組みを従来の車載ネットワークのまま実現するのは難しい。その解決策として「SOME/IP」という新しい車載通信プロトコルの提案が出てきている。

 本資料は、次世代の車載通信プロトコルとして注目を集めるSOME/IPの入門書である。SOME/IPで実現できること、SOME/IPの用途や適用範囲、通信仕様、SOME/IPプロトコルを使った処理動作例といった基本的な内容について、これからSOME/IPを使った開発を始めるエンジニアに向けて、わかりやすく解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。