資料の紹介

 自動運転やコネクテッドカーなどの次世代自動車では、高速通信が不可欠である。そこで、Ethernetの自動車への導入が進んでいる。車載Ethernetには、通信速度や通信媒体、車両内通信か外部との通信かなどに応じて、さまざまな規格が存在する。一方、従来規格であるCAN、LIN、FlexRayなども引き続き利用される可能性が高い。

 次世代自動車の開発において、テストを効率的に進めるためには、さまざまな規格の通信ネットワークに対応した、データ転送、ロギング、解析などのツールが必要だ。また、異なる規格同士の信号変換と相互接続を支援するメディアコンバーターや、それらのネットワーク信号を分岐して転送するアクティブタップは、車載組み込みシステム開発時の強い味方となる。

 本資料では、車載Ethernetを中心とした車載ネットワークに対応する最新のメディアコンバーター、アクティブタップ、スイッチ製品を紹介する。開発中の製品も含め、最新ツールの仕様や活用方法について説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。