資料の紹介

 CMOSイメージセンサーは、スマートフォンのカメラや産業用ロボットの画像認識など、さまざまな機械の「目」として活躍している。光をフォトダイオードで電気信号に変換、増幅し、画像として捉える。CMOSイメージセンサーの特徴は、画素ごとに信号を増幅し、読み出せることである。この仕組みにより、信号の読み出しノイズ低減と高速転送を可能にしている。

 このCMOSイメージセンサーに電源を供給する際には、センサーの画素数やフレームレート、ダイナミックレンジに応じた、さまざまな考慮が求められる。電源システム設計者は、こうした課題を正しく理解する必要がある。そうして初めて最適な電源システムを設計できるようになる。

 本資料では、高解像度・高フレームレートのCMOSイメージセンサーの電源システム設計時に検討すべき課題と対処法について解説する。近年、製造工場へのマシンビジョン導入の動きが加速している。こうした用途では、CMOSイメージセンサーの高速化、高画質化がさらに求められる。強まる高性能化の要求に応える電源システム設計手法について学べる資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。