資料の紹介

 コロナ禍により準備ができないままテレワークを導入した企業も少なくないだろう。このため、テレワークの運用が長くなるにつれ「人間関係の希薄化」「業務の進捗が把握しづらい」「情報漏洩のリスクが高まる」といった課題も噴出してきた。生産性を高め、従業員の一体感やモチベーションを維持するにはどうすればいいのか。

 そこで、注目を集めているのが「デジタルワークプレイス」である。これは、デジタルツールの組み合わせにより、場所や時間にとらわれることなく業務や情報共有ができるデジタル職場空間のこと。ただし、Web会議システムやビジネスチャット、メタバースなどのツールを導入すれば完成というわけではない。従業員の勤怠管理や休憩規定、通信費の負担、通信機器やPCの管理など、早急に整備しなければならない事項は多い。

 本資料では、デジタルワークプレイスの基礎から導入時のポイントまで解説する。テレワークの定義やテレワーク時の服務規程など具体例を挙げながら、就業規則をはじめとした制度面の変更・最適化も分かりやすく説明。さらに、デジタルワークプレイス実現のために必要なクラウドセキュリティソリューションも併せて紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。