資料の紹介

 製造現場のIoT化、デジタル化の加速は止まる気配がない。しかし、製造過程における資材の受け入れから入庫、在庫管理、ピッキングといった物流は、未だ伝票や手入力で管理している企業も多いだろう。また、工場内機器の操作は1台ずつ用意された操作盤で制御している風景も一般的ではないだろうか。

 工場内物流や機器操作に、業務での利用も増えているタブレット端末を使うことで、製造現場のIoT化をさらに進めることができる。今後はこのような工場内のデジタル化が主流になっていくことは間違いない。しかし、工場内は通常のオフィス環境とは異なるため、いくつか留意が必要だ。まず、高温や低温、ホコリが多いといった環境に対応する必要がある。また、安全規格の観点から、機械をすぐに止めることができるような安全機器を搭載することも求められる。

 本特集ではこうした最新の工場内物流・機器操作のトレンドや、課題を解決するソリューションを具体的に紹介している。ぜひ参考にしてほしい。