資料の紹介

 いまやリモートワークが一般的になったことで、多くの企業がリモートワークに対応した環境整備を迫られている。特に外部からのアクセス増によるトラフィックの増加、そしてSaaSを中心としたクラウドサービスの利用が増えたこと、これらの課題は、従来型のネットワークやセキュリティ対策の見直しを迫る要因となっている。すでにネットワークとセキュリティの機能をクラウド上で処理することで課題解決を行うSASE(サシー)と呼ばれるコンセプトも提唱されているが、必要なコンポーネントが多いため導入ハードルはまだ高い。

 そこでいま注目を集めているのがクラウドゲートウェイの利用。リモートからのアクセス増加に対応するため、クラウド上に設置されたWebゲートウェイにアクセスしてセキュリティを担保させたのち各種クラウドサービスに接続させる。これにより、自社のセキュリティ環境にかかる負荷を下げつつ、安全なクラウド利用が可能になるものだ。今回はクラウドゲートウェイの必要性とその選び方のポイントについて詳しくまとめた資料を用意。アクセスの可視化やリスク評価が可能かなど、運用面を十分考慮することが望ましいとされている。