資料の紹介

 自動車の制御が機械によるものから電気/電子によるものへと移行する趨勢は止まらない。そこで重要性を高めているのが国際規格「ISO26262」だ。これは、自動車の電気/電子に関する機能安全を規定するもの。自動車メーカーに制御機器を供給する部品メーカーは、同規格への適応が不可欠になってきている。しかし、一方ではコスト削減や開発期間の短縮も急務。自社内の技術のみで、これらすべてに対応するのは至難の業といえよう。

 こうした課題に対応するソリューションが今、注目されている。その内容は幅広く、統合解析ツールをはじめとして、診断サービスや開発システム、プロセスの構築支援、教育プログラムなど、様々な製品・サービスが提供され、まさにこの時代に求められるラインアップだ。  

 本特集では、これらのソリューションやその機能・メリット、具体的な導入事例などを紹介。開発生産性やスピードを犠牲にすることなく、ISO26262に準拠するための有用な情報がここにある。ぜひ参考にしてほしい。