資料の紹介

 コロナ禍に代表される予期せぬパンデミックや自然災害、新しいプレーヤーの登場、公益を重視した変革トレンドなど、現代の企業を取り巻く環境は過酷さを増している。予測困難な社会状況において、企業が生き残るにはDX推進、変化への俊敏な対応が求められる。しかし、昨年末に公表された経済産業省「DXレポート2」で企業のDX推進が進んでいない現状を指摘されるなど、対応が進んでいないのが現状。属人的なレガシー企業文化から脱却し、デジタル技術をフル活用した競争力の高い企業をつくり上げること、これこそがDX推進の最重要課題だ。

 混迷続く社会状況において、競争力を高め勝ち残り続けていくには、最新データの収集によって素早くアクションを起こすこと。そのために必要となるのがデータ連携のプラットフォームである。

 今回は、データを戦略的に活かしDXを強力に推進するデータ連携ツールの最新情報を総特集。なぜデータ連携がいま求められているのか、データ連携ツールによってどんなことが可能となるのか、そして、データ連携ツールの導入事例など。自社のDX推進に向けて検討している方にぜひ読んでもらいたい。