資料の紹介

 場所や時間を選ばず柔軟な働き方ができるリモートワーク。政府の後押しや新型コロナウイルス感染症対策といった側面もあったものの、いまや働き方の一つとして広く普及したといえる。しかし普及が進んだ一方で、セキュリティ面での課題が表面化しているのも事実。特に十分なセキュリティ対策を施さずにリモートワークを導入したことで、外部からの不正アクセス、データ漏えいを招くケースが後を絶たない。とはいえ、リモートワークをはじめ外部からのアクセスを一切遮断することは非現実的であり、すべてのストレージ、サーバー上のデータは外部アクセスに対するセキュリティ強化したうえで運用されるものと強く認識すべきだ。

 そこで考えたいのが、ファイルやデータへのアクセスを正確に管理、監視する機能の導入。誰が、どのシステムから、いつ、どの程度アクセスしたのか。ログの詳細を記録、可視化することで不正アクセスが発生した場合の迅速な対応と追跡が可能となる。ファイル管理、監視の自動化は、異常を迅速に発見できることでセキュリティ強化のみならず管理者の負担も大幅に軽減できる。リモートワークが普及したいま、ログ管理、監視の導入を積極的に検討してもらいたい。