資料の紹介

 SASE(Secure Access Service Edge)は、いつでもどこでも任意のデバイスからデータやアプリケーションに安全にアクセスするためのセキュリティフレームワークとして提唱された。リモートワークをはじめとする社外で仕事を行うケースの増加に加え、SaaSサービスの利用も増えているいま、従来型のセキュリティ対策ではこれらに対応するのが難しくなってきた。企業のネットワークにおけるアクティビティを把握し、セキュリティリスクを保護するSASEは、DX推進や働き方改革に有効的であり、リモートワークにも効果的である。コロナ禍が長期化するなか、新しい働き方にシフトする動きも高まっている。セキュリティも時代の流れに合わせて見直すことが必要ではなかろうか。

 クラウドサービス、リモートワークを本格的に利用する企業のセキュリティとして取り入れたいSASEについて、本特集ではSASE関連サービスの最新情報や解説をまとめた資料を用意。従来型セキュリティの課題と問題点、SASEの導入の利点や導入効果について詳しく紹介している。