資料の紹介

 システム管理者がシステムを運用する際に使用する「特権ID」。特権IDは一般的なIDとは異なり、システムの設定変更や起動、停止、重要なデータへのアクセス権限を与えられている。この強大な権限を持つIDを不用意に管理していると、顧客情報や機密情報の漏えいなど、企業にとって大きな損害をもたらす恐れがある。そのため、権限の付与から作業内容の確認まで厳密に管理することが欠かせない。さらに、共有利用されることの多い特権IDは適切な管理下のもと運用されなければならない。

 本特集では特権IDの管理、運用の重要性を理解できる最新資料3点を用意。不十分な管理体制が招いた大規模漏洩事件の解説をはじめ、特権ID管理におけるリスクと講じるべき対策を詳しくまとめた資料、そして、実際に特権ID管理ツールを選ぶうえで確認すべき50のチェックリストをまとめた資料がある。 DX推進でシステム環境が大きく変化しているなか、特権ID管理はいまの時代にふさわしい管理、運用体制を構築してもらいたい。