資料の紹介

 ハイブリッドワークとは、週3日は在宅勤務、残り2日はオフィスに出社するなど、業務内容や仕事の状況に応じてオフィスや自宅、サテライトオフィスなどを組み合わせた働き方のこと。コロナ禍による影響でハイブリッドワークを取り入れる企業が増えてきた。オフィスでの業務にこだわることなく柔軟に働く場所を変えることは、感染症対策だけでなく、オフィス・自宅・サテライトなどそれぞれの利点をうまく引き出せば、生産性の向上も期待できる。しかし、一時的な利用ではなくハイブリッドワークを本格導入する場合、やはり従来のような境界防御は無意味になってしまうことから新たなセキュリティモデルが必要になる。また、場所を問わない働き方が主流になれば、リアルで合わなくとも組織が活性化するコミュニケーション方法を模索しなければならない。

 働き方改革が進むいま、今後も多くの企業がハイブリッドワークの導入を進めることが予想される。本特集は、ハイブリッドワークを実施中または実施を検討している企業に向けて、セキュリティ・PC管理に関する最新ソリューション、また場所に捉われない働き方を実践している企業の最新動向の資料など多数用意。リモートワーク主流の働き方を進めるうえで従来型のセキュリティやPC管理では限界が生じる点、新しい考え方に基づいた管理手法の重要性、コミュニケーション方法を刷新して新しい働き方をサポートする仕組みについて理解できるものとなっている。