資料の紹介

 社内に蓄積されたさまざまなデータを分析、活用して、迅速な経営判断を行う企業が増えている。しかし、データをどうやって分析し活用すればよいか。対象となるデータは膨大かつ多種多様、さらに検索のしづらさ、費やす時間と手間といった「障壁」がどっしり立ちはだかっている状態だ。こうした数々の課題をクリアしてデータ活用を本格的に行うのであれば専用ツールやソリューションの導入が現実的な解となってくる。

 本特集では、データ活用への取り組みを考えるうえで参考となる資料2点を用意。データ活用に関するアンケート回答を分析・結果を紹介した資料では、回答者の約9割が「現状の情報収集・共有に課題あり」と回答、データ活用で課題を抱える企業の多さに驚かされる。もう一つの資料は、バイオ医薬、金融サービス、物流、ライフサイエンスのグローバル企業におけるクラウドを利用したデータ活用の事例を紹介。データソリューション導入で既存ビジネスの最適化と新ビジネスの構築を実現している。

 両資料ともダウンロードで全ページが閲覧可能。社内のデータ活用が思うように進まず悩んでいる方には価値ある内容だ。