資料の紹介

 世界各国で広がるサイバー攻撃の被害。日本も例外ではなく企業、官公庁、団体に対するサイバー攻撃は深刻さを増している。ランサムウエアによる被害も増加の一途を辿っており、企業のシステムは業種や事業規模を問わずサイバー攻撃の標的であると考えるべき。巧妙化が進むサイバー攻撃に対して主流となってきたのが、PCやスマートフォン、タブレット、サーバーなどのエンドポイント監視を行い、不審な動きを見つけ出すことでサイバー攻撃の発見、対処を行うエンドポイントセキュリティだ。

 本特集は、エンドポイントセキュリティをより詳しく理解できる最新資料を用意。EDR(Endpoint Detection and Response)と呼ばれるセキュリティソリューションの特長や効果をはじめ、ランサムウエアへの脅威に対しエンドポイントセキュリティが果たす役割などを紹介。ここ数年で急増した社外からのインターネット経由で業務を行うテレワークへの対応、そしてPC以外のデバイスからのアクセス増加を考えると、エンドポイントの監視は必須の課題。もうサイバー攻撃は他人事ではない。エンドポイントセキュリティに関する資料を読むことで自社のセキュリティ対策をしっかりと検討してほしい。