資料の紹介

 ビジネスモデル変革を伴うDX化を実現するにはデータを起点としたビジネス環境の整備が欠かせない。そこでぜひ進めたいのがツールの内製化だ。では、なぜ内製化なのか。データの高度活用を進めるために必要となってくるのがスピーディーかつ柔軟な開発環境。社外のベンダーやIT部門といった外部に委託していては、迅速な意思決定や顧客対応が望めなくなる。変化への対応力を増しつつ付加価値を高めるためには、IT人材が不足気味な現場でも内製化ができることが望ましい。

 こうしたニーズに応えられるよう、ここ数年でローコード、ノーコードでのツール開発が可能なソリューションが次々とリリースされている。自分たちが使いたいと思い描くツールがITに詳しくなくても作成できるとあって、いまやツールの内製化には多くの関心が集まっている。

 本特集は、ローコード・ノーコード開発を可能にする最新ソリューションについて、詳しい資料を複数用意。メリットはもとより、開発後の課題、特に開発されたツールを社内でどのように管理、運用していくかといった点についても言及。ローコード、ノーコード開発はIT人材育成のきっかけにもなることから、将来的視点から見ても利点は多い。資料を参考にぜひ検討してもらいたい。