「Leica Nova MS60」はスキャン機能を搭載したトータルステーションだ(画像提供:ライカジオシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]
橋台、橋脚を3D計測している様子(画像提供:ライカジオシステムズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ライカジオシステムズは、スキャナー搭載型トータルステーション「マルチステーション Leica Nova MS60」をバージョンアップし、2020年3月16日に販売を開始した。スキャンの速度を上げるなど機能を向上させた。

 建設現場の生産性を上げるため、トータルステーションを使った3D計測など、ICT(情報通信技術)を導入する動き「i-Construction」が加速している。同社が2015年に発売したMS60は、このトータルステーションにスキャナーを搭載した製品だ。

 測量で得た3次元点群データと設計データを重ねて表示する。計測現場で自動的に合成、色付けをした画像が表示されるので、較差がすぐ分かる。迅速でミスのない出来形管理が可能になる。

 今回のバージョンアップでは、多様な測量業務を素早く実行できるような機能が大幅に向上した。例えば、スキャンの速度を上げ、毎秒最⼤3万点を計測できるようにした。⽤途に合わせたエリアの定義⽅法の拡張機能や、ボタンを押すだけで自動的に器械高を計測する機能(時間を短縮できる)などを盛り込んだ。

 「表面検査」アプリを使用すれば、取得した点群データから面の凹凸分析などを行い、計測者が現場で出来形評価をすることもできる。

 「Leica Nova MS60」の機能の詳細や活用事例などは、以下からダウンロードできる資料で確認できる。

[問い合わせ]
問い合わせ先:ライカジオシステムズ
電話:03-6809-4925
URL:https://leica-geosystems.com/ja-jp

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。