小松アルミをファサードに採用した資生堂銀座ビル(画像提供:小松物産)
[画像のクリックで拡大表示]
ジクロス銀座ジェムスでの施工例(画像提供:小松物産)
[画像のクリックで拡大表示]
結婚式場の大型門扉の施工例(画像提供:小松物産)
[画像のクリックで拡大表示]

 小松物産は、ハンドクラフトの風合いをもつファサード部材や面格子、門扉などのオーダーメイド建材「小松アルミ」を製造、販売している。

 アルミの中空押し出し形材に、曲げ、ひねり、型抜き、たたきなどの加工を施し、建材を製作している。同社独自のロートアルミ技術を用いている点が特徴だ。ロートアルミとは、ヨーロッパの伝統的な鉄の装飾デザインであるロートアイアンを、軽量で加工しやすいアルミ素材で実現するもの。

 アルミは一般的には溶接が難しいとされるが、同社の製品は熟練の職人がアルゴン溶接を行うことによって、多様なデザインや風合いを表現できる。

 設計図に合わせて一つずつサンプルから製作するフルオーダーメイドを基本としており、建築家やデザイナーの要望に柔軟に応えることができる。自社工場をもち、部材の設計から製造・施工まで一貫して行うので、量産によるコストメリットも生み出しやすい。

 門扉、フェンス、バルコニーの手すりなどのラインアップから始まった「小松アルミ」ブランドに新しく、建物ファサード用パネル「アルシェード」を加えた。「アルシェード」は、通常より小さい鋳型を用いて加工したパネルを連結していき、ファサードデザインを構成するシステム。奥行きのある3次元の表現を、初期投資を抑えながら実現できる。

 「小松アルミ」の多様な施工事例は、以下からダウンロードできる資料で確認できる。

問い合わせ先:小松物産
電話:06-4700-6077
URL: https://www.komatsu-trading.co.jp/

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。