「TSレバータイト」窓付き片開きドアの施工例(画像提供:東洋シヤッター)
[画像のクリックで拡大表示]
防音FIX窓との組み合わせ施工例(画像提供:東洋シヤッター)
[画像のクリックで拡大表示]

 東洋シヤッターは、レバーハンドルで開閉できる防音ドア「TSレバータイト」を販売している。

 防音ドアには、締め付け操作によってドアを固定するグレモン装置が、一般的には必要とされている。遮音性、気密性を高めるためだが、固く締め付けるのでレバー操作が重くなりがちだ。

 「TSレバータイト」は、オリジナルのマグネット入り気密ゴムで遮音性能を高めた防音ドア。レバーハンドルで開閉するので、操作がしやすい。

 JISのT-2からT-4、さらにT-5相当からT-6相当までの遮音等級に対応するラインアップを揃えている。四方枠タイプと、下枠のないフラットタイプがある。窓付きタイプ、軽量ドアのほか、室内の確認や開放感の確保をしながら音漏れを防ぐ防音FIX窓も用意している。
 
 「TSレバータイト」シリーズのラインアップや詳細な遮音性能は、以下からダウンロードできる資料で確認できる。

問い合わせ先:東洋シヤッター
電話:06-4705-2110
URL: http://www.toyo-shutter.co.jp/

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。