インサルパックシリーズは18商品をラインアップしている(画像提供:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
サッシ枠の断熱も短時間で作業できる(画像提供:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]
配管まわりや部材の突き合わせ部分の隙間などの充填にも適している(画像提供:エービーシー商会)
[画像のクリックで拡大表示]

 エービーシー商会は、施工が簡単な現場発泡型の断熱材「インサルパックシリーズ」を販売している。

 壁や天井、床など断熱が必要な場所に施工する発泡ウレタンフォームだ。50年以上前から販売しているロングセラーで、用途に合わせて順次、新たな商品をラインアップしてきた。現在、18商品を取りそろえている。

 住宅の高断熱化、高気密化が進むにつれて、従来の断熱施工では見過ごされていた隙間も丁寧に埋める必要性が高まってきた。近年、特にニーズが拡大しているのが、サッシ枠まわりの断熱だ。アルミサッシのサッシ枠は熱の出入りが激しく、外気の影響を受けやすい。インサルパックを施工してサッシ枠と柱と間のすき間を埋めることで、断熱性能が向上する。

 また、配管や配線まわりなど細かい施工が必要な箇所にはすき間が生じやすく、気密処理が必要だ。インサルパックは、小規模な隙間を現場で充填するのにも適している。吹き付けに適したボンベタイプは持ち運びがしやすく、動力車なども必要としないため、集合住宅の一部屋をリフォームする際にも使いやすい。

 「インサルパックシリーズ」の製品ラインナップや特長などの詳細は、以下からダウンロードできる資料で確認が可能だ。

問い合わせ先:エービーシー商会
電話:03-3507-7390
URL: https://www.abc-t.co.jp/

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。