こんにちは。アクトゼロの田中です。

 Google Search Console(旧ウェブマスターツール)の「検索クエリ」レポートが、日本時間の9月17日に完全終了することが発表されました。(Google ZinebさんのGoogle+より)

 「検索クエリ」はどうなってしまうのか?というと、「検索アナリティクス」へと生まれ変わりました。検索クエリは「検索アナリティクス」にリダイレクトされるようで、一安心です。

ところで、「検索クエリ」とは?

[画像のクリックで拡大表示]

 Googleのヘルプページはこちら。日本語ですし、詳しく掲載されています。

 しかし、「ここを読んでもよくわからない」という方向けに、もう少々噛み砕いて。

 『検索クエリとは、検索エンジンで検索したキーワードのこと』です。この検索クエリで、下記がわかります。

  • どのような「キーワード」の検索結果で自分のサイトが表示されたか
  • 検索結果上でどのくらいクリックされているかの「クリック数」と「クリック率」
  • 検索結果にサイトが「表示された回数」
  • 検索結果での「平均掲載順位」

 つまり、検索クエリではサイトに訪れたユーザーを解析するアクセス解析ツール(Google Analytics)とは違って、サイトに訪問していないユーザーの検索時の挙動を知ることができます。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。