みなさまこんにちは、アクトゼロの黒沼です。

 アメリカ全土に6500店を超えるフランチャイズ展開を行い、タコスなどを主力商品とするTexMexファーストフード「Taco Bell (タコベル)」は、10月28日公式サイトのトップページを以下の内容に変更しました(海外ドラマとか映画とかでたまに出てきますよね。タコベル、美味しそうです)。

  「タコベルにたどり着くための手段はインターネット上にはない。その方法はアプリだけ」トップページからは、ファーストフードの公式サイトによくある、メニュー情報や店舗へのアクセス情報など、その一切のページに辿りつけなくなっています。あるのはアプリダウンロードリンクのみ。また同時に、タコベルが運営していたソーシャルメディアアカウントも更新を全て凍結しています。Facebook・Twitter・YouTubeともに、たったひとつの書き込み「モバイルオーダーはこちらから。アプリをダウンロード」以外は全て非公開となっています。

youtubeの例

【編集部注】
記事公開時点では、一部のコンテンツを除いて非公開の状態が解除されています。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。