米エイラ・ネットワークスはIoT(インターネット・オブ・シングス)デバイスを開発するためのクラウドプラットフォームを提供するスタートアップ企業だ。同社はネットワーク接続モジュールやモバイルアプリ開発環境を、クラウドサービスと合わせて顧客企業に提供している。同社のサービスの強みと日本企業への期待についてデイビッド・フリードマン CEO(最高経営責任者)に聞いた。

(聞き手は広田 望、高橋 健太郎=日経コンピュータ


エイラ・ネットワークスが考えるIoTの課題は。

デイビッド・フリードマンCEO(最高経営責任者)
デイビッド・フリードマンCEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 多くの技術が必要なことだ。データを集約するクラウドの技術、デバイスからクラウドへデータを送る通信の技術、デバイスを操作するアプリを開発するモバイルの技術、そして収集したデータを解析する技術が必要だ。こうした技術を自社で全て用意できる企業は少ない。

 ハードウエアメーカーはIoTの恩恵を受けやすい。今までネットに接続していなかった機器がネットに接続することで、様々な新しい製品が生まれる。そのために必要な接続、クラウド、モバイルの技術は全てエイラ・ネットワークスが提供する。

具体的なサービス内容を教えてほしい。

 IoTデバイスの開発環境をクラウド上のプラットフォーム、クラウドとIoTデバイスを接続するための通信モジュール、IoTデバイスをスマートフォンやタブレットから操作するためのアプリ開発ツールを提供する。エイラの提供するサービスの狙いは、ハードウエアメーカーがハードウエアの開発に注力できる環境を提供することだ。

 企業がエイラのIoTプラットフォームを使う理由はたいてい、利用者の情報を収集するためだ。プラットフォームはデータ解析アルゴリズムを備えていて、利用企業は顧客がIoTデバイスをどのように使ったか、どういった使い方で苦労しているのかを収集して分析できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。