IDC Japanは、国内のパブリッククラウドサービス市場に関して、2015年の市場規模が前年比29.5%増の2516億円に達し、2019年には5404億円に拡大すると予測した。特にIaaS(Infrastructure as a Service)の動向については、これまで開発環境や消費者向けWebサイト/アプリケーションの稼働環境として利用されることが多かったと指摘。2014年以降は、既存の業務アプリケーションをIaaS上に実装し稼働させる「クラウドイネーブルド」が加速傾向にあると指摘した。

出所:IDC Japan(2015年8月発表)