IDC Japanは、国内のプライベートクラウド市場に関する調査結果を発表した。2014年の市場規模は、前年比42.4%増の6196億円だった。同市場は今後も成長を続け、2019年には2014年比3倍の1兆8601億円にまで拡大する、と予測している。

出所:IDC Japan(2015年9月発表)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、国内プライベートクラウド市場を、利用企業が保有する「オンプレミスプライベートクラウド」、ホスティング型プライベートクラウドである「デディケイテッドプライベートクラウドサービス(DPC)」、特定の企業群が形成するコミュニティで共同運用する「コミュニティクラウドサービス」に分類して分析。現在の国内市場では、オンプレミスプライベートクラウドが58.2%を占めているが、今後はベンダーがITリソース資産を所有し、プライベートクラウドをサービスとして提供するDPCやコミュニティクラウドサービスが大きく成長すると指摘。2016年には、オンプレミスプライベートクラウドの割合が低下し、50%を下回ると予測した。

 プライベートクラウドに対するユーザーの期待についても調査。新規ビジネスはパブリッククラウド、信頼や安定性が重要な業務はプライベートクラウドと使い分ける傾向が見られるという。両サービスを連携させて利用するハイブリッドクラウドにも、企業の注目が集まっているとしている。