IDC Japanは、国内企業の情報セキュリティ投資に関する調査結果を発表した。2015年度の情報セキュリティ投資(予測)が「2014年度を上回る」とした企業は全体の21.0%で、「減少する」と回答した企業の9.3%を上回った。情報セキュリティ投資を増やすとした企業の多くが、モバイルセキュリティ対策を重視しているという。一方、投資額を減らす企業を見ると、14年度は「10~19%減」が多かったのに対し、15年度では「微減~9%減」という企業が多いという。

出所:IDC Japan(2013年度は2014年1月、その他は2015年1月調査)