2013年度のクラウドソーシングサービス流通金額規模は、前年度比101.7%増の215億円だったと、矢野経済研究所が発表した。事業者の積極的なPRによってサービスの認知度が高まり、顧客と登録ワーカーが集まりやすい環境が整ったことなどが背景にある。2014年度には業界団体が設立されるなど、利用促進への取り組みがさらに進むことから、市場規模は408億円になると予測。2012~2018年度の年平均成長率は60.5%で、2018年度には1820億円に達するという。

出所:矢野経済研究所(2014年7月30日)