米IDCは、世界のウエアラブル機器市場に関する調査リポートを公表した。それによると、2015年の全世界での出荷台数は、前年の2640万台から173.3%増加して7210万台になる見通しだ。今後も42.6%の年平均成長率で増加し、2019年には1億5570万台に達するという。

出所:米IDC(2015年6月18日発表)
[画像のクリックで拡大表示]

 形態別出荷台数についても調査した。リストバンド/腕時計型などの手首に装着するタイプ「リストウエア」の2015年の出荷台数は6570万台になる見通しで、市場全体の91.1%を占めることになるという。これに次ぐのが、クリップなどで体の一部に装着する「モジュラータイプ」で460万台。このあと、めがね型などの「アイウエアタイプ」(90万台)、シャツや靴下、帽子などに取りつける「衣服タイプ」(30万台)が続くと予測している。

 IDCは、純正アプリのみに対応する「ベーシック型」と、サードパーティーのアプリも利用できる「スマート型」への分類も試みている。2015年では、ベーシック型が3900万台、スマート型が3310万台になるという。ベーシック型には米Fitbitや中国Xiaomi(小米科技)などの100ドル未満の機器が、スマート型には米Appleの「Apple Watch」や米Microsoftの「HoloLens」が含まれる。2016年にはスマート型が市場をリードする、とIDCは予測している。