写真1●ヤマハの「NVR510」と「NVR700W」
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤマハは2016年5月25日、企業向けルーター新製品の「NVR510」と「NVR700W」を発表した(写真1)。NVR510はISDNから光回線への移行に対応する製品、NVR700Wは無線WANにも対応する上位製品である。

 両機種ともNTT東日本が提供する小型ONU(光回線終端装置)を挿し込む「ONUポート」を搭載。据え置き型のONUを用いずに光回線に接続可能で、これにより省スペース化と省電力化を実現する。またVoIP(Voice over IP)をサポート。インターネット電話機能を搭載し、外部のIP電話サービスにも対応する。NTT東日本/西日本の「ひかり電話」や楽天コミュニケーションズのVoIPサービスなどを利用できる。

 NVR700Wは無線WANにも対応。4バンドに対応するLTEモジュールを内蔵し、別途USB対応のデータ通信端末を用意せず3G/LTE網に接続できる。有線WANの代替として無線WAN環境を検討しているユーザーや、有線回線が未提供エリアに拠点があるユーザー、仮設店舗など短期間の通信環境が必要なユーザーに向くとする。有線回線でトラブルが発生したときに自動的に切り替える自動バックアップ機能にも対応する。またNVR700Wは、同社製ルーターの「RTXシリーズ」だけが対応していた、IPsecを用いたVPNやOSPF/BGPなどの動的ルーティングプロトコルをサポートする。

 設定は両機種ともGUI画面で行える。またヤマハ独自の管理機能である「LANマップ」をサポート。同社製のスイッチ「SWXシリーズ」や無線LANアクセスポイント「WLXシリーズ」などと連携して、LANを“見える化”できる。

 NVR700Wは7月発売予定で、メーカー希望小売価格は税別11万8000円。NVR510は9月発売予定で、メーカー希望小売価格は税別4万9800円。オプションとして、NVR700W専用の延長アンテナ(メーカー希望小売価格は税別9800円)を11月に発売予定。

 ヤマハは同時に、クラウドサービス「Yamaha Network Organizer」(YNO)を6月に開始すると発表した。複数の同社製ネット機器の情報をクラウド上で一元管理し、設定情報の保管や変更、WAN回線やトンネルで発生した異常の把握などができる。ファームウエアのバージョンアップやコマンドの実行、「LANマップ」の一覧表示などにも対応する。

 YNOで管理できるのは、「YNOエージェント機能」対応機種。RTX1210は、サービス開始と同時にファームウエアを提供して対応する。RTX5000/3500/810とFWX120、NVR700W/510は、ファームウエアの提供で対応予定。RTX1200とNVR500は対応予定がない。

 YNOはライセンスを購入して利用する。1台ライセンス(1年有効、接続台数1台)は税別1万円。5台ライセンス(1年有効、接続台数5台)は税別3万8000円。なお2016年12月までは、キャンペーンとして各ライセンスを半額で提供する。このほか2017年2月末まで、試用ライセンス(3カ月有効、接続台数3台)を用意する。

 NVR510、NVR700W、YNOは、6月8~10日に千葉市の幕張メッセで行われる「Interop Tokyo 2016」で展示する。