写真●「DocuPrint P260 dw」
写真●「DocuPrint P260 dw」
[画像のクリックで拡大表示]

 富士ゼロックスは2015年6月9日、IEEE 802.11b/g/n無線LAN機能を搭載し、スマートフォンなどのモバイル端末から直接印刷できる法人向けA4対応モノクロレーザープリンター「DocuPrint P260 dw」(写真)を7月15日に発売すると発表した。価格はオープン。

 アップルの印刷サービス「AirPrint」に対応するほか、自社製アプリ「Print Utility for Android」「Print Utility for iOS」を使ってモバイル端末からプリントできる。また、用紙のセットや消耗品の交換をフロントオペレーションで行えるため、設置場所を選ばずメンテナンスが容易という。

 印刷解像度は600×600dpi(スムージング機能により2400dpi相当×600dpiまで可能)。印刷速度はA4サイズで毎分30枚。給紙容量は標準トレイが250枚、手差しスロットが1枚。インタフェースはEthernetとUSB 2.0。本体寸法は幅356×奥行き360×高さ186mm、重さは約6.8kg。