ネットワールドの「UPSS-NetworldシャットダウンボックスLight」は、停電時にシステムをシャットダウンし、電源復旧後にシステムを再起動するアプライアンス装置である。UPS(無停電電源装置)と組み合わせたパッケージとして販売する。

UPSの停電信号を検知してから設定した時間が経過した際に、SSH2ログインによるコマンド実行やVMware vSphere APIなどを使って対象機器をシャットダウンする
UPSの停電信号を検知してから設定した時間が経過した際に、SSH2ログインによるコマンド実行やVMware vSphere APIなどを使って対象機器をシャットダウンする
(出所:ネットワールド)
[画像のクリックで拡大表示]

 停電時にUPSが発する信号を検知した後、設定した時間が経過してからサーバーをシャットダウンする。SSH2でサーバーにログインしてシャットダウンのコマンドを実行したり、VMware vSphere APIなどを使ったりしてシャットダウンする。

 システムの中核を成すシャットダウン装置は、UPSソリューションズ製である。このシャットダウン装置にUPSをセットにして、特定の用途を想定してネットワールドがパッケージ商材として企画・販売する。

 別途、需要に応じて、導入前のコンサルティング、シャットダウンスクリプトの作成、現地での設定と導入、現地でのテスト、運用保守サービスまで、UPSソリューションズがサービスとして提供する。

 セットにするUPSの容量は、SMB(中小企業)のサーバー仮想化環境を想定している。具体的には、VMware vSANの2ノード構成などの小規模なHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)や仮想環境をバックアップできる。仮想サーバー単位で起動復旧できる。

 突発的な停電に対処できるようになるほか、UPSのスケジュール運転と連動させることで、計画停電にも対処できる。計画停電の開始前にシステムをシャットダウンし、復旧後にシステムを自動で起動させることができる。

UPSS-NetworldシャットダウンボックスLightの概要
用途と機能停電時にシステムをシャットダウンし、電源復旧後にシステムを再起動するアプライアンス装置。UPS(無停電電源装置)と組み合わせたパッケージとして販売する
動作停電時にUPSが発する信号を検知した後、設定した時間が経過してからサーバーをシャットダウンする。SSH2でサーバーにログインしてシャットダウンのコマンドを実行したり、VMware vSphere APIなどを使ったりしてシャットダウンする
SIサービス需要に応じて、導入前のコンサルティング、シャットダウンスクリプトの作成、現地での設定と導入、現地でのテスト、運用保守サービスまで、UPSソリューションズがサービスとして提供する
対象システムの規模UPSの容量は、SMB(中小企業)のサーバー仮想化環境を想定している。具体的には、VMware vSANの2ノード構成などの小規模なHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)や仮想環境をバックアップできる。仮想サーバー単位で起動復旧できる
価格(税別)UPSの容量などに応じて変わる。シャットダウンボックス本体とUPSをセットにした参考価格は、
■「UPSS-15A3-010RM-NB6/5-SDBLNW」(1.5KVA、10分バックアップ、2U)を組み合わせた場合は51万2000円
■「UPSS-30A3-008RM-NB6/5-SDBLNW」(3KVA、8分バックアップ、3U)を組み合わせた場合は84万円
■「UPSS-50X2-015RMC-NB6/5-SDBLNW」(5KVA、15分バックアップ、6U)を組み合わせた場合は137万9000円
発表日2018年12月11日
提供開始日2018年12月11日