さくらインターネットの「さくらのセキュアモバイルコネクト」は、IoT/M2M用途向けのモバイルデータ通信サービスである。閉域網を介してさくらインターネットのデータセンターに接続する仕組みにしたほか、データ通信量が少ないIoT/M2Mを想定して基本使用料を抑えた。

SIMの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 特徴の1つは、インターネットを介さずに、さくらインターネットのデータセンターに直接接続する仕組みとしたこと。これにより、安全にデータを収集できる。ネットワーク(閉域網)の利用料は、500Mバイトのデータ通信料込みで1ネットワークあたり月額6480円(消費税8%込み、以下同じ)。

 SIMカードの月額使用料は、IoT/M2Mでの利用を想定して、カード1枚あたり月額12円に抑えた。データ通信料は、1Mバイトあたり6円である。SIMカード発行時には、初期費用としてカード1枚あたり2160円が必要だ。

 SIMカードは、標準、micro、nanoの3種類に、取り外し可能なマルチサイズSIMとした。これにより、端末の種類を問わずに利用できる。このほか、開発中の製品に組み込むための「チップ型SIM(MFF2)」も用意。チップ型SIMは、2018年3月末から提供し、500枚から購入できる。

さくらのセキュアモバイルコネクトの概要
用途と機能IoT/M2M用途に適したモバイルデータ通信サービス
特徴■データ通信量が少ないIoT/M2M用途に向けて、基本使用料を抑えた
■閉域網を介してさくらインターネットのデータセンターに接続する仕組みにした
SIMカードの形状■標準、micro、nanoの3種類に取り外し可能なマルチサイズSIM
■開発中の製品に組み込むための「チップ型SIM(MFF2)」も選択可能(500枚以上で購入できる)
価格(8%消費税込み)■初期費用は、SIMカード1枚あたり2160円
■基本使用料は、SIMカード1枚あたり月額12円
■データ通信料は、1Mバイトあたり6円
■ネットワーク(閉域網)の利用料は、500Mバイトのデータ通信料を含んで、1ネットワークあたり月額6480円
発表日2018年1月16日
提供開始日2018年2月(マルチサイズSIM)
2018年3月末(チップ型SIM)