クラウディアンの「HYPERSTOREアプライアンス」は、Amazon S3互換のAPIでファイルにアクセスできる、オブジェクトストレージ装置である。SDS(ソフトウエア定義型ストレージ)ソフトの「CLOUDIAN HYPERSTORE」を汎用PCサーバーにプリインストールしてアプライアンス化した。

HSA-4000シリーズの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 プリインストールされているCLOUDIAN HYPERSTOREは、Amazon S3互換のオブジェクトストレージソフトである。汎用のPCサーバー(クラウド上の仮想サーバーなどを含む)にインストールすると、Amazon S3互換のストレージを構築できる。最小構成はPCサーバー3台で、サーバー台数を増やすスケールアウトによって容量を拡張できる。

 SDSが備える管理機能の1つとして、ユーザーやグループ単位でQoSをかけたり、課金情報を設定したりできる。データ保護機能としては、データの復元に必要なパリティ情報をデータと一緒にノードに分散して書き込むイレイジャーコーディングなどの機能を備える。

 きょう体に収容するハードディスクドライブ(HDD)の本数に応じて、1Uラックマウント大の「HSA-1500」(3台の最小構成で最大144Tバイト)と、4Uラックマウント大の「HSA-4000」(2台4ノードの最小構成で最大560Tバイト)の2シリーズを用意している。HSA-1500は、3.5インチHDD×12個と2.5インチSSD×4個を搭載、HSA-4000は3.5インチHDD×70個と2.5インチSSD×4個を搭載している。

HYPERSTOREアプライアンスの概要
用途と機能Amazon S3互換のAPIでファイルにアクセスできる、オブジェクトストレージ装置
ソフトウエア構成SDS(ソフトウエア定義型ストレージ)ソフトの「CLOUDIAN HYPERSTORE」を、汎用PCサーバーにプリインストールしてアプライアンス化した
きょう体の種類HSA-1500HSA-4000
最小構成3台3ノード2台4ノード
内蔵ドライブ3.5インチHDD×12
2.5インチSSD×4
3.5インチHDD×70
2.5インチSSD×4
実効容量3台の最小構成で最大144Tバイト2台4ノードの最小構成で最大560Tバイト
価格(税別)■HSA-1500シリーズ(3台セット)は、実効容量48Tバイト構成が885万円、96Tバイト構成が1005万円、120Tバイト構成が1125万円、144Tバイト構成が1275万円
■HSA-4000シリーズ(2台4ノード)は、実効容量186Tバイトが199万円、373Tバイトが265万円、466Tバイトが316万円、560Tバイトが370万円
発表日2018年1月26日
提供開始日2018年1月26日