デイトリウムジャパンの「Datrium DVX」は、サーバー仮想化環境のサーバー機とストレージを統合した、コンバージド(統合)システムである。特徴は、ストレージI/O性能とデータ保護機能に注力した、独自のシステムアーキテクチャを採用していることである。

Datrium DVXの外観
Datrium DVXの外観
(上部はDVX Compute Node、下部はDVX Data Node)
[画像のクリックで拡大表示]

 ストレージI/O性能を高める工夫として、サーバーが内蔵するストレージ(SSD)を、複数のサーバーにまたがる分散NFSストレージのキャッシュとして使う。NFSストレージへのアクセスを、ローカルSSDを使って高速化する。ネームスペースは複数のサーバーにまたがるが、ローカル環境で必要とするファイルはすべて、ローカルSSDの上に載る。

 データを保護する工夫として、データの原本(ローカルキャッシュのコピーに相当)を、データ保護機能を備えた専用の外部接続ストレージ「DVX Data Node」に置く。これにより、サーバーが壊れてもデータは失われない。サーバー機とDVX Data Nodeは、独自のプロトコルで接続する。

 製品は、4つの要素で構成する。

 (1)「DVX Software」は、ローカルキャッシュを実現する分散NFSストレージソフトである。SSDを搭載した汎用のPCサーバー機にインストールして使う。サーバー仮想化ソフトとして、VMware vSphereとKVM(Red HatまたはCent OS)を利用できる。コンテナはDockerを利用できる。

 (2)「DVX Compute Node」は、DVX Softwareをラックマウント型サーバー(1U)にインストール済みで提供する、アプライアンスサーバー機である。

 (3)「DVX Data Node」は、データの原本を格納する外付けストレージである。きょう体は2Uラックマウント型で、バックアップやレプリケーションなどのデータ保護機能を備える。データの保存時には、重複排除、圧縮、暗号化、イレイジャーコーディングなどを実施する。

 (4)「Cloud DVX」は、データをクラウドストレージのAmazon Web Services(AWS)にバックアップ保管するためのソフトである。

Datrium DVXの概要
用途と機能サーバー仮想化のサーバー機とストレージを統合した、コンバージド(統合)システム
特徴ストレージI/O性能とデータ保護機能に注力した、独自のシステムアーキテクチャを採用していること
ストレージI/O性能を
高める工夫
サーバーが内蔵するストレージ(SSD)を、複数のサーバーにまたがる分散NFSストレージのキャッシュとして使う。NFSストレージへのアクセスを、ローカルSSDを使って高速化する。ネームスペースは複数のサーバーにまたがるが、ローカル環境で必要とするファイルはすべて、ローカルSSDの上に載る
データを
保護する工夫
データの原本(ローカルキャッシュのコピーに相当)を、データ保護機能を備えた専用の外部接続ストレージ「DVX Data Node」に置く。これにより、サーバーが壊れてもデータは失われない。サーバー機とDVX Data Nodeは、独自のプロトコルで接続する
製品の構成要素■DVX Softwareは、ローカルキャッシュを実現する分散NFSストレージソフト。SSDを搭載した汎用のPCサーバー機にインストールして使う
■DVX Compute Nodeは、DVX Softwareをラックマウント型サーバーにインストール済みで提供するアプライアンスサーバー機
■DVX Data Nodeは、データの原本を格納する外付けストレージ。重複排除、圧縮、暗号化、イレイジャーコーディングなどの機能を備える
■Cloud DVXは、データをAmazon Web Services(AWS)にバックアップ保管するソフト
価格(税別)■DVX Softwareは、1ノードあたり180万円
■DVX Compute Nodeは、186万7500円から
■DVX Data Nodeは、ハードディスク搭載モデル(実効容量は14Tバイトまたは29Tバイト)が1072万5000円から、SSD搭載モデル(実効容量は7Tバイトまたは16Tバイト)が1950万円から
■Cloud DVXは、5Tバイトあたり年額90万円
発表日2018年2月14日
出荷日2016年春
備考国内販売代理店はノックス。米Datriumは2018年1月30日に日本法人のデイトリウムジャパンを設立した