図●Handbookアプリの画面。左がiPhone 5s、右がiPhone 6 Plus
[画像のクリックで拡大表示]

 「HandbookアプリiOS版」は、インフォテリアが提供する企業向けコンテンツ管理・配信システム「Handbook」のiOS向けクライアントソフトである。Handbookは、クラウドサービス「Handbook Studio」と、スマートフォン/タブレット/パソコンで動作する情報閲覧用クライアントソフト「Handbookアプリ」で構成する。

 2014年10月7日に発表したHandbookアプリiOS版の新バージョン(Handbookアプリ iPhone/iPad版 4.0.6)では、新たにiPhone 6およびiPhone 6 Plusに対応。同スマートフォンの大型・高解像ディスプレイに最適化した画面表示で情報を閲覧できるようになった。併せて、iOS 8.1を正式サポートした。

 Handbookは、文書、表計算、プレゼンテーション、画像、音声、動画といった様々なファイルをクラウドに保存し、外出先などでスマートフォン/タブレットで表示できるようにするモバイルコンテンツ管理(MCM)システム。閲覧者ごとの配信設定や端末紛失時の情報漏えいを防ぐ機能などを備えており、セキュアな情報配信ができる。ネットワークに接続できない場所でもファイルを端末にダウンロードしておけば表示できる。

 HandbookアプリiOS版はApp Storeから無償でダウンロードできる。HandbookアプリにはiOS版のほかに、Android版、Windows 8版などがある。Handbookは2014年12月時点で、野村證券やアデランスなどに累積770件の導入実績を持つ。

HandbookアプリiOS版の概要
概要 企業向けコンテンツ管理・配信システム「Handbook」のiOS向けクライアントソフト。Handbookは、クラウドサービスの「Handbook Studio」と、スマートフォン/タブレット/パソコンで動作する情報閲覧用アプリケーション「Handbookアプリ」で構成する
価格(Handbook Studio) 共用サーバーのスタンダードが月額2万円/年額20万円、専用サーバーのプレミアムが月額9万円/年額90万円など。ライセンス版(オンプレミス型)は要問い合わせ
発表2014年10月7日
提供開始2014年11月11日