運用支援サービスの概要
(出所:日立情報通信エンジニアリン)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立情報通信エンジニアリングの「セキュリティサポート(マルウェア感染調査支援)」は、標的型攻撃メールによってマルウエアに感染した疑いがある端末を特定してレポートにまとめるスポットサービスである。

 ネットワーク監視ログをBIソフト「Pentaho」で分析することによってマルウエア感染端末を特定する。ユーザー企業は、日立情報通信エンジニアリングに対してリモート接続環境を提供するか、あるいはログを提供する必要がある。

 今回のサービスは、同社が提供している「ネットワーク保守・運用サービス」を構成するサブメニューの1つ。ネットワーク保守・運用サービスの配下に「運用支援サービス」があり、さらに配下に「セキュリティサポートサービス」があり、さらに配下に今回のマルウエア感染調査支援がある。

 セキュリティサポートサービスを構成していた既存のサブメニュー「セキュリティサポートサービス(バグの情報提供)」および「セキュリティサポートサービス(脆弱性の情報提供)」に、新たに「セキュリティサポートサービス(マルウエア感染調査支援)」を追加した形。これにより、セキュリティサポートサービスは全部で3つのメニュー構成となった。

ネットワーク保守・運用サービスメニュー
サービスメニュー内容
トラブル対応支援サービス
(障害対策に特化したシステム稼働維持サービス)
ヘルプデスクシステム操作や機器仕様に関するQ&A
トラブルシュートリモート操作による障害部位の特定作業
オンサイトトラブルシュートオンサイトによる障害部位の特定作業
マルチベンダーコントロールベンダー対応を代行
運用支援サービス
(各種運用業務をリモート環境で管理・監視)
リモート監視サーバー、ネットワークの常時監視(24時間365日)
機器管理設定情報、世代管理、機器情報の管理
メンテナンスデータバックアップや稼働状況の定期確認
セキュリティサポート利用システムの脆弱性、脅威について情報提供
(1)セキュリティサポート
(マルウエア感染調査支援)
(2)セキュリティサポート
(バグの情報提供)
(3)セキュリティサポート
(脆弱性の情報提供)
の3つのサブメニューで構成
リモートオペレーションアプリケーションを中心としたオペレーション代行
セキュリティサポート(マルウエア感染調査支援)の概要
用途と機能標的型攻撃メールによってマルウエアに感染した疑いがある端末を特定してレポートにまとめるスポットサービス
マルウエア感染端末の特定方法ネットワーク監視ログをBIソフト「Pentaho」で分析する
ネットワーク監視ログの提出日立情報通信エンジニアリングに対してリモート接続環境を提供するか、あるいはログを提供する必要がある
価格(税別)年額144万円(12回まで)
12回を超えた場合は1回当たり12万円
発表日2016年3月24日
提供開始日2016年4月1日