操縦者養成スクールの開校予定地
操縦者養成スクールの開校予定地
(出所:NECフィールディング)
[画像のクリックで拡大表示]

 NECフィールディングの「ドローン(マルチコプター)活用サポート」は、ドローンの活用をトータルで支援するサービスである。機種選定のコンサルティングから機材の販売、機材の保守、操縦者訓練、運用などをトータルで支援する。サービス提供にあたって、操縦者の教育や訓練を担当するインストラクターを3年間で100人育成する計画。

 ドローン機材は、低価格の空撮用(15万円)から航空レーザー測量用途に利用する機体(3000万円)まで、幅広い価格帯で提供する。購入前相談やデモンストレーションによって、ユーザー企業の利用用途に合った機種を選定して販売する。バッテリーやプロペラなどの消耗品も、同社が運営するECサイト「い~るでぃんぐ」で購入できる。購入した機材の点検・保守サービスも提供する。

 ドローンの運用に当たっては、ユーザー企業側の操縦者を教育・訓練するサービスを提供する。全国8カ所で操縦者養成スクールを開校する()。養成スクールでは、一般社団法人日本マルチコプター安全推進協会(JMSA)、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、DJI JAPANがそれぞれ認定するコースを用意した。養成スクールを受講して修了試験に合格することで、社団法人やベンダーのライセンスを申請できる。

 ドローンの操縦を含めてNECフィールディングに運用をアウトソーシングすることもできる。ユーザーに代わって、熟練した技術者による空撮や測量などの運用サービスを利用できるとしている。

ドローン(マルチコプター)活用サポートの概要
用途と機能ドローンの活用をトータルで支援するサービス
サービス内容機種選定のコンサルティング
機材の販売
機材の保守
操縦者訓練
運用の代行
など
ドローン機材低価格の空撮用(15万円)から航空レーザー測量用途に利用する機体(3000万円)まで幅広い価格帯で提供
消耗品の購入バッテリーやプロペラなどの消耗品を、NECフィールディングが運営するECサイト「い~るでぃんぐ」で購入可能
運用代行の例ユーザーに代わってドローンを運転し、空撮や測量などを実施する
教育・訓練サービス全国8カ所で操縦者養成スクールを開校する
養成スクールの認定一般社団法人日本マルチコプター安全推進協会(JMSA)
一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)
DJI JAPAN
価格個別見積もり
発表日2016年4月13日
提供開始日2016年4月13日