TISの「Paper Searcher(ペーパー・サーチャー)」は、クラウドで利用できるAI-OCR(光学文字読み取り)サービスである。紙の資料をスキャンしてPDF化した上でクラウドにアップロードするだけで、手書きの文字をテキストデータ化できる。PDFとテキストデータをクラウドストレージに保管しておけば、検索して閲覧できる。AI-OCRエンジンには「Tegaki」(Cogent Labs製)を使う。

Paper Searcherの検索画面イメージ
Paper Searcherの検索画面イメージ
(出所:TIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 文字を読み取ってテキスト化する領域を、自動で検知する。事前に領域を指定しておく必要がないため、非定型フォーマットの電子化に適する。テキスト化の精度を高める仕掛けの1つとして、業界用語、化学物質名、企業用語などを辞書に登録しておける。

 Paper Searcherに周辺サービスを組み合わせて業務を支援するサービスを、協業企業とともに展開する。例えば、帳票の種類を判別して振り分け処理を実施してから帳票OCRに連携させる「帳票振分ソリューション」などを用意している。

 クラウド型のFAXサービス「TransFax」(トランザクトが提供)と連携し、受信したFAXをデジタル化するサービスも用意した。また、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「UiPath」と連携して、申請書の処理を自動化したり、テキスト化したデータを業務システムに自動入力したりするサービスを提供する。

Paper Searcherの概要
用途と機能クラウド型で利用できるAI-OCR(光学文字読み取り)サービス。紙の資料をスキャンしてPDF化した上でクラウドにアップロードするだけで、手書きの文字をテキストデータ化できる。PDFとテキストデータをクラウドストレージに保管しておけば、検索して閲覧できる
AI-OCR
エンジン
「Tegaki」(Cogent Labs製)を使う
テキスト化
する領域
文字を読み取ってテキスト化する領域を、自動で検知する。事前に領域を指定しておく必要がないため、非定型フォーマットの電子化に向く
テキスト化の精度を高める仕掛け業界用語、化学物質名、企業用語などを辞書に登録しておける
周辺サービスとの
組み合わせ
帳票の種類を判別して振り分け処理を実施してから帳票OCRに連携させるサービス
クラウド型のFAXサービスと連携し、受信したFAXをデジタル化するサービス
RPAソフトと連携し、申請書の処理を自動化したり、テキスト化したデータを業務システムに自動入力したりするサービス
など
価格(税別)帳票枚数による従量課金制で、月額10万円から
発表日2019年3月22日
提供開始日2019年3月22日