エアーの「airDrive」は、クラウドストレージに保管するファイルを暗号化する専用ゲートウエイサービスである。WebDAVのゲートウエイに暗号化機能を付与したものであり、Google DriveやBoxなどのWebDAV対応クラウドストレージと、エクスプローラーなどのWevDAVクライアントソフトとの間に入り、WebDAVによるファイルアクセスをリアルタイムに仲介する。この際にファイルを暗号化/復号する。

airDriveの概要(出典:エアー)
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者は、明示的にairDriveあてにWebDAVでアクセスする。アクセス先のairDrive上には、背後のクラウドストレージにつながったフォルダーがある。このフォルダーにファイルを格納すると、暗号化した上でクラウドストレージに保存する。ファイルの実体はバックエンドのクラウドストレージ上にあり、airDrive上にはファイルはない。airDriveのログインIDにつき一つのクラウドストレージを設定する。

 airDriveは、エアーが開発/販売しているオンプレミス用のゲートウエイサーバーソフト「WISE Gateway for Cloud Storage」をクラウド型で提供するもの。エアーでは、airDriveを無償で提供することによって、ソフトウエアの販促効果を期待するとともに、利用者から広くゲートウエイ機能についての意見を集める意向。

airDriveの概要
用途と機能クラウドストレージに保管するファイルを暗号化する専用ゲートウエイサービス
使い方airDriveあてにWebDAVでアクセスする。これにより、airDriveを踏み台にして背後のクラウドストレージを利用できる
利用しているソフトWISE Gateway for Cloud Storage(価格は100ユーザーで60万円から)をクラウド型で提供
価格無償
発表日2015年4月16日
提供開始日2015年4月16日