デンソークリエイトの「TimeTracker NX 4.2」は、プロジェクトの工数や進ちょくを管理するソフト。現場担当者が簡単に使えることに注力している。Webアプリケーション型で動作する。

TimeTracker NX 4.2の画面
TimeTracker NX 4.2の画面
(出所:デンソークリエイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 計画の作成、進ちょくの管理、コストの管理、データ分析などの機能で構成する。工数を可視化することによって、現場の課題や問題点を明らかにする。

 工数データを社内の勤怠システムと連携させたり、他システムのタスクやチケットの情報をTimeTracker NXに取り込んで工数管理や進ちょく管理に活用したり、といった使い方ができる。外部プログラムからTimeTracker NXのデータを取得/更新するためのWeb API(REST API)を搭載する。

 操作性に注力しており、作業の階層構造や、各作業の詳細情報を、マウス操作やキーボード操作(Ctrl-C/Ctrl-V)でコピー&ペーストできる。プロジェクト内だけでなく、プロジェクトをまたいだコピーもできる。さらに、各作業の詳細情報は、テキスト形式でExcel帳票やメール文面などにコピーできる。

TimeTracker NX 4.2の概要
用途と機能プロジェクトの工数や進ちょくを管理するソフト。現場担当者が簡単に使えることに注力している
動作形態Webアプリケーション
機能の構成計画の作成、進ちょくの管理、コストの管理、データ分析などの機能で構成する。工数を可視化することによって、現場の課題や問題点を明らかにする
他システム連携工数データを社内の勤怠システムと連携させたり、他システムのタスクやチケットの情報をTimeTracker NXに取り込んで工数管理や進ちょく管理に活用したり、といった使い方ができる。外部プログラムからTimeTracker NXのデータを取得/更新するためのWeb API(REST API)を搭載する
注力点 操作性に注力しており、作業の階層構造や、各作業の詳細情報を、マウス操作やキーボード操作(Ctrl-C/Ctrl-V)でコピー&ペーストできる。プロジェクトをまたいだコピーも可能。さらに、各作業の詳細情報は、テキスト形式でExcel帳票やメール文面などにコピーできる
価格
(税別)
上位版「Professional Edition」の場合、100ユーザーで400万円(1ユーザーあたり4万円)。最小構成は5ユーザー。
発表日2019年3月27日
提供開始日2019年3月27日