RPAとは:自動化できる業務やツール、事例、AIとの違いを解説

 ユーザックシステムの「Autoジョブ名人」は、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトである。Webブラウザ操作を自動化するRPAソフト「Autoブラウザ名人」の上位版に当たり、Webブラウザの操作に加えて、任意のWindowsアプリケーションの操作を自動化できる。

Autoジョブ名人のスクリプト編集画面
[画像のクリックで拡大表示]

 Autoジョブ名人がアプリケーション画面を認識する方法は2つある。1つは、画面を構成するタグ情報を認識するやり方である。メリットは、見逃すことがないため、安定して動作することである。もう1つは、画面を画像で認識するやり方である。メリットは、タグ情報を持たないアプリケーションであっても、画像で識別できさえすれば自動化できることである。

 業務を自動化する上で必要になる運用管理機能を一通り備える。例えば、あらかじめ設定しておいたスケジュールに合わせてジョブを実行するスケジュール機能のほか、ジョブを実行した結果をメールで通知する機能など。

 シナリオの作成機能と実行機能を兼ね備えた開発用ライセンス「Autoジョブ名人 開発版」と、実行機能に限ったランタイムライセンス「Autoジョブ名人 実行版」を用意している。

Autoジョブ名人の概要
用途と機能RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト
製品の位置付けWebブラウザ操作を自動化するRPAソフト「Autoブラウザ名人」の機能上位版に当たる。Webブラウザの操作に加えて、任意のWindowsアプリケーションの操作を自動化できる
アプリケーション画面を
認識する方法
■画面を構成するタグ情報を認識する。見逃すことがないため、安定して動作する
■画面を画像で認識する。タグ情報を持たないアプリケーションでも自動化できる
運用管理機能■あらかじめ設定しておいたスケジュールに合わせてジョブを実行するスケジュール機能
■ジョブを実行した結果をメールで通知する機能
など
価格(税別)■Autoジョブ名人 開発版(シナリオの作成機能と実行機能を兼ね備えた開発用ライセンス)が年額60万円
■Autoジョブ名人 実行版(実行機能に限ったランタイムライセンス)が年額18万円
発表日2018年5月22日
提供開始日2018年6月26日