SmoothCaptureで撮影・配信する3Dコンテンツの例
(出所:NECネッツエスアイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 NECネッツエスアイの「SmoothCapture」は、ホテルや賃貸住宅などの室内空間を独自の3Dカメラで撮影して3Dコンテンツ化し、これを消費者がWebブラウザーを介して閲覧できるようにするサービスである。Webブラウザーを介して、実際にその場にいるような臨場感あふれる体験ができる、としている。

 3Dコンテンツの表現手法として、360度を自由に見渡して移動(ウォークスルー)、平面図、ドールハウス(立体面の鳥瞰図)の三つを提供する。従来のパノラマコンテンツはウォークスルーが主体だったが、平面図やドールハウスによって全体感やバランスの把握ができるとアピールする。

 想定している主な利用シーンは、以下の通り。ホテル業/ブライダル業においては、客室や施設の案内や、結婚式場の紹介などに利用できる。不動産業においては、モデルルームを撮影しておくことで、完成前のマンションを販売する時の提案に活用できる。

 サンプルコンテンツとしてNECネッツエスアイは、本社33階にある「EmpoweredOffice Center」と「北陸支店オフィス」の3Dコンテンツを公開している。

SmoothCaptureの概要
用途と機能ホテルや賃貸住宅などの室内空間を独自の3Dカメラで撮影して3Dコンテンツ化し、これを消費者がWebブラウザーを介して閲覧できるようにするサービス
3Dコンテンツの表現手法■360度を自由に見渡して移動(ウォークスルー)
■平面図
■ドールハウス(立体面の鳥瞰図)
想定する主な利用シーン■ホテル業/ブライダル業。客室や施設の案内や、結婚式場の紹介などに利用する
■不動産業。モデルルームを撮影しておき、完成前のマンションを販売する時の提案に活用する
3Dコンテンツの閲覧環境WebGLに対応した一般的なWebブラウザー。Internet Explorer、Firefox、Chrome、Safari、Operaなど
価格(税別)3Dコンテンツのインターネット配信料は、1コンテンツ当たり年額24万円から。3Dコンテンツの制作(カメラ撮影)は、別途料金が必要
発表日2016年5月30日
提供開始日2016年5月30日