HP ProLiant DL580 Gen9の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の「HP ProLiant DL580」は、ラックマウント型PCサーバーの最上位モデルである。高さ4Uのきょう体にCPUを4個まで搭載する。DWH(データウエアハウス)の性能ベンチマークであるTPC-Hの値は60万6822クエリー/時間で、従来世代「Gen8」の40万4006クエリー/時間と比べて約1.5倍に向上している。

 想定する用途は高性能データベースサーバー。大量の非構造化データの分析やインメモリーデータベースによるリアルタイム分析などに向く。将来は、SAP HANAアプライアンスのエントリー構成「HP ConvergedSystem 500 for SAP HANA」にDL580 Gen9を採用する予定。

 DL580では、以前から可用性に注力している。例えば、UCE(修復できないエラー)が発生してもOSと連携してシステムダウンを回避するMCAリカバリー機能や、メモリーモジュール上の複数のメモリーチップのうち2個が故障してもシステムを停止せずにエラーを自動修復するDDDC機能を備える。

 ラックマウント型の「DLシリーズ」で現行モデルのGen9が出ているのは、全部で8モデル。2014年10月に「DL160」「DL180」「DL360」「DL380」の4モデルを、2014年12月に「DL60」「DL80」「DL120」の3モデルを販売した。2015年5月に、ハイエンドモデルのDL580をGen8からGen9に刷新した。

HP ProLiant DL580の概要
製品の概要ラックマウント型PCサーバー
製品の位置付けラックマウント型の最上位モデル
主要スペック高さ4Uのきょう体にCPUを4個搭載
CPUはXeon E7-4800/8800 v3(最大18コア)を使用
最大メモリー容量は6Tバイト(メモリースロットは96個)
内蔵ストレージは2.5型×最大10台
PCI拡張スロット数は9個
主な適用用途高性能データベースサーバー。大量の非構造化データの分析やインメモリーデータベースによるリアルタイム分析などに向く。SAP HANAアプライアンスのエントリー構成「HP ConvergedSystem 500 for SAP HANA」に採用予定
ベンチマーク値DWHの性能ベンチマーク「TPC-H」の値は60万6822クエリー/時間
価格(税別)226万7000円から
発表日2015年5月29日
出荷日2015年5月29日