レノボ・エンタープライズ・ソリューションズの「ThinkSystem SR950」は、SAP HANA環境の構築に適した、PCサーバー機のハイエンドモデルである。NVDIMM(DIMM型の不揮発性メモリー)の1つである「Optane DCパーシステント・メモリー」を搭載できる。

ThinkSystem SR950の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 4Uラックマウントサイズのきょう体に、CPUとして2~8基の「第2世代Xeonスケーラブル・プロセッサー」を搭載する。最大メモリー容量は、24Tバイト(96スロット、256GバイトDIMM使用時)。内蔵ストレージベイは2.5型×24個で、NVMe接続のSSDを12個まで搭載できる。

 特徴の1つは、NVDIMM(DIMM型の不揮発性メモリー)であるOptane DCパーシステント・メモリーを搭載できること。電源を切っても内容を保持できる不揮発性メモリーでありながら、メインメモリーとして一般的に使われるDRAMと同様にメモリーチャネルとDIMMソケットを介してアクセスする。

 NVDIMMは、DRAMよりも容量単価が安い一方で、他の不揮発性メモリーよりも高速にアクセスできる。また、現状のDRAMよりも大容量のメモリー空間を利用できる。メモリー空間を広げやすい特徴から、SAP HANAのようなインメモリーデータベースと相性がよい。

 SAP HANA環境でのシミュレーションでは、NVDIMMの採用によって、機能停止からのリカバリ時間を12.5倍に高速化(50分から4分に短縮)できたとしている。

ThinkSystem SR950の概要
用途と機能SAP HANA環境の構築に適した、PCサーバー機のハイエンドモデル
特徴NVDIMM(DIMM型の不揮発性メモリー)の1つである「Optane DCパーシステント・メモリー」を搭載できる
NVDIMMの
検証
SAP HANA環境でのシミュレーションでは、NVDIMMの採用によって、機能停止からのリカバリ時間を12.5倍に高速化(50分から4分に短縮)できたとしている
大きさ4Uラックマウント大
CPU2~8基の「第2世代Xeonスケーラブル・プロセッサー」を搭載
最大メモリー
容量
24Tバイト(96スロット、256GバイトDIMM使用時)
内蔵ストレージ
ベイ
2.5型×24個。NVMe接続のSSDを12個まで搭載できる
価格(税別) 258万円から
発表日2019年5月28日
提供開始日2019年5月28日