ACCESSの「エリ探(エリタン)勤怠」は、キーホルダー型の携帯ビーコンを身に付けるだけで勤怠管理ができるクラウドサービスである。ビーコンを使うことによって、客観的な勤怠実績を把握できる。

エリ探(エリタン)勤怠の概要
(出所:ACCESS)
[画像のクリックで拡大表示]

 BLE(Bluetooth Low Energy)モジュールを搭載した専用の携帯型ビーコンとゲートウエイ装置を利用する。ゲートウエイを執務エリアや会議室などに設置しておくことによって、オフィスで働く社員の所在データを取得する。取得したデータから出退勤時刻を抽出し、クラウド経由で勤怠管理システムと連携させる。

 社員は、ビーコンを携帯して事業所内の特定エリアにいるだけで、出退勤時間を自動的に記録できる。打刻の手間が省けるほか、打刻のし忘れや勤務時間の改ざんを防止できる。パソコンやスマートフォンを使わないため、店舗や工場といったデスクワーク以外の職場でも利用できる。

 API連携などを介して、既存の勤怠管理システムに勤怠データを引き渡せる。現状では、勤怠管理システム「TeamSpirit」(チームスピリット)とのデータ連携が可能。今後、対応する勤怠管理システムを拡充していく予定。

 チャットシステム「Linkit」(ACCESS)とも連携している。これにより、オンラインと対面でのコミュニケーションを使い分けられる。例えば、同僚の在席を確認し、不在時にチャットでメッセージを送る、といった運用ができる。

エリ探(エリタン)勤怠の概要
用途と機能キーホルダー型の携帯ビーコンを身に付けるだけで勤怠管理ができるクラウドサービス。ビーコンを使うことによって、客観的な勤怠実績を把握できる
システム要素クラウドサービスのほかに、BLE(Bluetooth Low Energy)モジュールを搭載した専用の携帯型ビーコンと、ゲートウエイ装置を利用する
使い方ゲートウエイを執務エリアや会議室などに設置しておく。これにより、オフィスで働く社員の所在データを取得する。取得したデータから出退勤時刻を抽出し、クラウド経由で勤怠管理システムと連携させる
メリットビーコンを携帯して事業所内の特定エリアにいるだけで、出退勤時間を自動的に記録できる。打刻の手間が省けるほか、打刻のし忘れや勤務時間の改ざんを防止できる。パソコンやスマートフォンを使わないため、店舗や工場といったデスクワーク以外の職場でも利用できる
価格オープン。月額制。従業員数とゲートウエイ数に応じた価格体系
発表日2019年5月28日
提供開始日2019年5月28日