日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の「HP Apollo 4000シリーズ」は、ストレージを構築する用途に特化したPCサーバー機である。Hadoopやスケールアウト型オブジェクトストレージといった分散ストレージソフトを動作させるためのプラットフォームとして適する。

HP Apollo 4200の外観
HP Apollo 4200の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴は、普通のラックマウント型PCサーバーと比べて、より多くのディスクドライブ(SSD/HDD)を搭載できること。少ないノード数、少ない占有面積で、より大容量のデータを格納できる。このため、例えばノード数で価格が決まるストレージソフトを使う場合、容量当たりの価格を下げられる。

 用途に応じて3モデルを用意した(容量はいずれも最大構成時)。

 「Apollo 4200」は、高さ2Uのコンパクトなきょう体に多くのドライブを搭載できるようにしたモデル。3.5インチドライブ×28個(224Tバイト)か、2.5インチドライブ×50個(100Tバイト)を搭載する。1ラックでは、サーバー20台、容量は4.48ペタバイト(3.5インチドライブ)または2.0ペタバイト(2.5インチドライブ)になる。

 「Apollo 4510」は、きょう体は4Uと若干大きくなるが、とにかくドライブの集積度を重視したモデル。3.5インチドライブ×68個(544Tバイト)を搭載する。1ラックでは、サーバー10台、容量は5.4ペタバイトになる。

 「Apollo 4530」は、ストレージ容量を重視するだけでなく、CPUパワーとストレージ容量のバランスをとったモデルであり、Hadoopに適するとしている。4Uのきょう体に、サーバー3台と、サーバー当たり3.5インチドライブ×15個(120Tバイト)を搭載する。4Uのきょう体全体では45個(360Tバイト)、1ラックでは、サーバー30台、容量は3.6ペタバイトになる。

 日本HPでは、Apollo 4000シリーズ上で動作させることを想定した分散ストレージソフトも販売する。Hadoopディストリビューション2製品(「Cloudera Enterprise」と「Hortonworks Data Platform」と、分散KVS型のオブジェクトストレージソフト「Scality RING」である。

HP Apollo 4000シリーズの概要
用途と機能ストレージ構築用に特化したPCサーバー機。Hadoopや分散KVSなどを動作させるプラットフォームに適する
特徴普通のラックマウント型PCサーバーよりも多くのドライブを搭載できること
モデルApollo 4200Apollo 4510Apollo 4530
大きさ2U4U
サーバー数1台1台3台
最大容量224Tバイト544Tバイト360Tバイト
モデルごとの主な用途-分散オブジェクトストレージHadoop
価格(税別)72万360円から未定240万5550円から
発表日2015年7月2日
出荷日2015年7月2日2015年秋2015年7月2日