ヤマハの「無線LANアクセスポイント WLX313」は、3つの無線通信バンド(周波数帯)を同時に使える“トライバンド”の無線LANアクセスポイント機器である。2.4GHz帯と5GHz帯の2つに加えて、もう1つ別の5GHz帯を利用できる。ホテルのように多くの台数を設置する施設に向く。

無線LANアクセスポイント WLX313の外観
Webブラウザ画面で無線の利用状況を可視化できる
[画像のクリックで拡大表示]

 2.4GHz帯の無線LANチップ×1基と、5GHz帯の無線LANチップ×2基を搭載しており、これらの3つのバンドを同時に利用できる。各バンドに50台、3バンドで合計150台の無線LAN端末と同時に通信できる。

 2バンドの5GHz帯を活用することで、片方の5GHz帯の無線LANチップに負荷が集中しないようにしている。5GHz帯で接続する端末の台数を、2つの5GHz帯の無線LANチップ間で均等化して分散させる仕組みである。

 5GHz帯が2つあることから、5GHz帯の通信において気象・航空レーダー波を検出した時に最大で60秒間通信が切断される現象についても効果がある。レーダー波を検出したら別のチャンネルに切り替え、通信を途切れさせない。

 アンテナは3種類を用意している。内蔵アンテナは、付属の壁掛け用ブラケットを使って壁や天井に設置する用途に適する。付属のショートポールアンテナは、水平方向を含めて全方位に電波を送信できるので、部屋の中央への設置などに向く。外部アンテナ端子は、電波受信の悪い環境や屋外での通信に適する。

 運用管理面では、無線LANアクセスポイント周辺の電波状況をグラフィカルに可視化したものを、Webブラウザを介して確認できる。また、無線LANコントローラー機能によって、最大で49台までのWLX313を1台の端末で設定・管理できる。さらに、認証用のRADIUSサーバー機能と、EAP-TLS認証で用いるディジタル証明書の発行機能も搭載している。

無線LANアクセスポイント WLX313の概要
用途と機能ホテルなど、多くの台数を設置する施設に向いた、無線LANアクセスポイント
特徴3つの無線通信バンド(周波数帯)を同時に使える。2.4GHz帯と5GHz帯の2つに加えて、もう1つ別の5GHz帯を利用できる
接続台数各バンドに50台、3バンドで合計150台
付加機能■2バンドの5GHz帯を有効に使うことにより、1つの5GHz帯の無線LANチップに負荷が集中しないようにしている。2つの5GHz帯の無線LANチップ間で負荷を均等化する
■5GHz帯の通信が途切れるレーダー波を検出した際には、もう1つの5GHz帯のチャンネルに切り替えて通信を途切れさせない
アンテナ3種類を用意した
■内蔵アンテナは、付属の壁掛け用ブラケットを使って壁や天井に設置する用途に適する
■付属のショートポールアンテナは、水平方向を含めて全方位に電波を送信できるので、部屋の中央への設置などに向く
■外部アンテナ端子は、電波受信の悪い環境や屋外での通信に適する
運用管理機能■無線LANアクセスポイントの周辺の電波状況をWebブラウザを介してGUIで可視化できる
無線LANコントローラー機能によって、最大で49台までのWLX313を1台の端末で設定・管理できる
認証機能■認証用のRADIUSサーバー機能を搭載している
■EAP-TLS認証で用いるディジタル証明書の発行機能も搭載している
価格(税別)■本体は6万9800円
■オプションは、電源アダプタが7000円、PoEインジェクタが1万5800円、RJ-45コンソールケーブルが4800円
発表日2018年4月4日
提供開始日2018年5月