インフォテリアの「ブロックチェーン業務適用コンサルティング」は、ブロックチェーン技術を業務に適用するためのSIサービス。直近では、ブロックチェーン技術とQRコードを活用した文書改ざん検知システムの提供を開始した。

ブロックチェーンとQRコードを使って文書の改ざんを簡単に検知できるシステムを構築・販売する
ブロックチェーンとQRコードを使って文書の改ざんを簡単に検知できるシステムを構築・販売する
(出所:インフォテリア)
[画像のクリックで拡大表示]

 文書改ざん検知システムでは、文書の登録時にハッシュ値をブロックチェーンに記録しておき、QRコードを使って改ざんを検知する。モバイル端末向けの文書管理・配信サービス「Handbook」を基盤とする。簡単に改ざんを検知するための仕掛けとしてQRコードを利用する。

 文書を登録すると、ハッシュ値をブロックチェーンに書き込み、文書データと改ざん検知用のQRコードをHandbookに格納する。QRコードをスマートフォンで読み込むと、Handbook上にある文書のハッシュ値とブロックチェーンに格納したハッシュ値を比較できる。相違がなければ改ざんされていないことになる。

 文書改ざん検知システムを使えば、議事録や契約書、公文書など、あらゆる文書を対象に、改ざんの有無を手軽に確認できる。インフォテリアの自社活用事例として、取締役会の議事録を保存する使い方で2018年7月度の取締役会から導入している。

ブロックチェーン業務適用コンサルティングの概要
用途と機能ブロックチェーン技術を業務に適用するためのSIサービス
直近で追加したメニューブロックチェーン技術とQRコードを活用した文書改ざん検知システム
文書改ざん検知システムの概要文書の登録時にハッシュ値をブロックチェーンに記録しておき、QRコードを使って改ざんを検知する
文書改ざん検知システムの構成モバイル端末向けの文書管理・配信サービス「Handbook」を基盤とする。ハッシュ値の登録と管理にブロックチェーンを利用する。簡単に改ざんを検知するための仕掛けとしてQRコードを利用する
QRコードによる検証QRコードをスマートフォンで読み込むと、Handbook上にある文書のハッシュ値とブロックチェーンに格納したハッシュ値を比較できる。相違がなければ改ざんされていないことになる
価格(税別)300万円から
発表日2018年6月21日(文書改ざん検知システム)
提供開始日2018年7月2日(文書改ざん検知システム)