TISの「ConcieLink」(コンシェリンク)は、チャットボットを介して業務システムを利用するための基盤ソフト。業務システムや各種クラウドサービスが用意しているAPIをチャットボットから利用する形で連携する。オンプレミスに導入するソフトウエアのほか、クラウドサービスの形態でも提供する。

ConcieLinkの概要
ConcieLinkの概要
(出所:TIS)
[画像のクリックで拡大表示]

 チャットボットを活用することによって、エンドユーザーは、これまで情報システムの操作に費やしてきた業務時間を削減できる。例えば、各種の申請システムに対してチャットボットを介してデータを入力できるほか、Office 365/Googleカレンダーのスケジュールをチャットボット経由で検索/予約できる。

 導入も容易であるため、業務システムのモバイル化を推進できるとしている。チャットボットのために自前でユーザーインタフェースを開発する必要がない。接続先となる業務システムのAPIの知識と、簡単なJava言語の知識があれば、最短1カ月程度でConcieLinkを導入できる、としている。

 ポータル画面を介して様々な業務について対話を起点に実行できる。チャットボットで利用する対話コマンドは、ノンプログラミングで構築できる。チャットボットは、エンドユーザーからの指示から必要な情報(日付や人名など)を読み取り、不足している箇所を聞き返すといった対話が可能である。

 クラウド型またはオンプレミス型で提供する。いずれもサブスクリプション型で利用できる。クラウド型は、ConcieLinkへの接続環境を用意するだけで利用できる。最低利用期間は3カ月だが、初期費用はかからない。オンプレミス型も月額制で利用できるが、初期導入費用がかかる。

ConcieLinkの概要
用途と機能チャットボットを介して業務システムを利用するための基盤ソフト。業務システムや各種クラウドサービスが用意しているAPIをチャットボットから利用する形で連携する
提供形態オンプレミスに導入するソフトウエアをサブスクリプション型で提供するほか、クラウドサービスの形態でも提供する
使い方の例■各種の申請システムに対してチャットボットを介してデータを入力する使い方
■Office 365/Googleカレンダーのスケジュールをチャットボット経由で検索/予約する使い方
など
導入方法接続先となる業務システムのAPIの知識と、簡単なJava言語の知識があれば、最短1カ月程度でConcieLinkを導入できる
対話機能エンドユーザーからの指示から必要な情報(日付や人名など)を読み取り、不足している箇所を聞き返すといった対話ができる
メニューと価格提供形態プラン名最大リクエスト数保存データ量価格(税別)
クラウドモデルFree10000/1GB無償(最大3カ月)
small.11万1GB月額5万円
small.25万5GB月額8万円
middle.110万30GB月額12万円
middle.220万100GB月額20万円
large.150万300GB月額30万円
large.2100万500GB月額50万円
サブスクリプションモデル導入費用30万円
middle.110万年額120万円
middle.220万年額180万円
large.150万年額300万円
large.2100万年額480万円
発表日2018年6月25日
提供開始日2018年6月25日