フリービットの「freebit cloud HANABI(Virtual Super Computing)」は、クラウド型スパコンサービスである。最速10分でクラウド上にスーパーコンピュータ(スパコン)環境を構築できることをうたう。

freebit cloud HANABIの提供機能
(出所:フリービット)
[画像のクリックで拡大表示]

 高速な並列計算処理を実行したい時にワンクリックでクラウド上にスパコン利用環境を構築し、不要になったらワンクリックで環境を削除できる。オンプレミス環境で利用している既存のスパコンとハイブリッド型で利用することで、既存環境を一時的に拡張したり、足りない計算リソースを補填したりできる。

 スパコン利用環境を構築するためのテンプレートを複数用意している。これにより、スパコン環境で使われるジョブ実行ソフトのSLURMや並列処理ライブラリのOpenMPIを活用した並列計算処理をすぐに用意できる。任意のミドルウエアやソフトウエアを組み込んだ専用テンプレートを作成することもできる。

 クラウドとサーバー/ストレージのインフラにはMicrosoft Azureを利用する。スパコン構築費は基本料金(月額定額)として支払う。これとは別に、サーバーとストレージの利用料をクラウド利用料として利用時間に応じて課金する。

freebit cloud HANABI(Virtual Super Computing)の概要
用途と機能クラウド型で提供するスーパーコンピュータ
特徴スパコン利用環境を構築するためのテンプレートを複数用意しており、これを使うことで最速10分でクラウド上にスーパーコンピュータ環境を構築できることをうたう
構築できるスパコン環境テンプレートによって、ジョブ実行ソフトのSLURMや並列処理ライブラリのOpenMPIを活用した並列計算処理を用意できる。任意のミドルウエアやソフトウエアを組み込んだ専用テンプレートを作成することもできる
利用するインフラ基盤クラウドとサーバー/ストレージのインフラとしてMicrosoft Azureを利用する
価格例(税別)■4ノードクラスタ構成(Azure H8×5台、ストレージ100GB、論理ピーク性能1.638TFLOPS)で15日間使う場合、基本料が月額20万円、クラウド利用料が22万5000円
■16ノードクラスタ構成(Azure H8×17台、ストレージ1TB、論理ピーク性能6.552TFLOPS)で15日間使う場合、基本料が月額20万円、クラウド利用料が76万円
■64ノードクラスタ構成(Azure H8×65台、ストレージ4TB、論理ピーク性能26.208TFLOPS)で15日間使う場合、基本料が月額20万円、クラウド利用料が290万円
発表日2017年7月31日
提供開始日2017年7月31日