ZenmuTechの「ZENMU for PC」は、データを分割して個々のストレージに分散保存する“秘密分散”によって情報漏えいを防止するソフトである。ファイルをAONT(All-or-Nothing Transform)方式で2分割し、それぞれのファイルを無意味化する。片方のファイルが漏えいしても、元データを復元することはできない。

 ファイルを2分割して無意味化し、このうちの一片をパソコンの内蔵ストレージに、もう一片をUSBメモリーなどのリムーバブルメディアや、NAS(ファイル共有サーバー)などの外部ストレージに分散して保管する。分割した二片がそろって初めて、データを復元できる。

ZENMU for PCが採用している秘密分散方式の概要
(出所:ZenmuTech)

 ZENMU for PCがWindows上に作成する「ZENMUドライブ」(Eドライブなどのドライブレターを付けて運用可能なWindows上の仮想ドライブ)に保存したデータが、秘密分散の対象となる。ZENMUドライブにファイルを保存するだけで、自動的に分散保存する。

 USBメモリーやNASなど分散保存先の外部ストレージをパソコンから切り離すと、ZENMUドライブ自体が消えて、ファイルにアクセスできなくなる。反対に、パソコンに分散保存先の外部ストレージを接続すると、WindowsからZENMUドライブにアクセスできるようになり、ファイルを利用できるようになる。

 セキュリティを高める機能として、ZENMUモードと呼ぶ、ZENMUドライブが利用できる場合に限ってデスクトップ環境を利用できるようにする使い方も用意した。ZENMUモードを使う場合は、デスクトップやマイドキュメントに保存するファイルをZENMUドライブに移行して運用できる。

 WebブラウザのInternet Explorer(IE)が生成するインターネット一時ファイルの保存先もZENMUドライブに指定できるので、Webアクセスによってインターネット一時ファイルがパソコン上に残っていても、USBメモリーなどの外部ストレージを取り外してZENMUモードを終了するだけで、インターネット一時ファイルを無意味化できる。

ZENMU for PCの概要
用途と機能データを分割して個々のストレージに分散保存する“秘密分散”によって情報漏えいを防止するソフト
秘密分散の仕組みファイルをAONT(All-or-Nothing Transform)方式で2分割し、それぞれのファイルを無意味化する。分割した2つのファイルがそろわないとファイルを復元できない。このため、片方のファイルが漏えいしても、元データを復元できない
分割したファイルの
保存先
一片をパソコンの内蔵ストレージに、もう一片をUSBメモリーなどのリムーバブルメディアや、NAS(ファイル共有サーバー)などの外部ストレージに分散して保管する
利用可能な
外部ストレージ
USBメモリー
iPhone/Androidスマートフォン
Windows共有フォルダ(社内ファイルサーバーなど)
クラウドストレージ(Box)
使い方「ZENMUドライブ」(Windows上の仮想ドライブ)に保存したデータが、秘密分散の対象となる。ZENMUドライブにファイルを保存するだけで、自動的に分散保存する。分散保存先の外部ストレージをパソコンから切り離すと、ZENMUドライブ自体が消えて、ファイルにアクセスできなくなる
ZENMUモードZENMUドライブが利用できる場合に限ってデスクトップ環境を利用できるようにするモードを用意した。デスクトップやマイドキュメントに保存するファイル、WebブラウザのInternet Explorer(IE)が生成するインターネット一時ファイルなどをZENMUドライブに保存できる
稼働OSWindows 7/8.1/10
価格(税別)■買い取り型の場合、最も単価が高くなる1~99ユーザー時に、1ユーザーあたり2万7400円で、保守料は15%の4100円
■サブスクリプション型の場合、最も単価が高くなる1~99ユーザー時に、1ユーザーあたり年額9600円
発表日2017年9月5日(バージョン3.3)
出荷日2017年9月5日(バージョン3.3)